生命研 健康ニュース

News

塩麹・醤油麹ツボを知って活用しなければ効果はうすい

塩麹が、ブームです。それはいいことですが、十分に活用がされていないようです。塩麹は、麹の質の良さでそのうまみと効果が大きく左右されます。麹の質を選ぶのが、 『ツボ』です。

良い麹は、真っ白なビロードのような質感で、甘くいい香りが漂い、口に含むと程よい甘さを感じます。2~3個の米粒を割って見ると、周囲は白く麹菌が侵入して、中心に半透明のやや黒味をおびた部分があります。この中心部の面積が少ないほど、良質な麹です。それは麹菌が十分増殖していることを示しています。麹菌の中に栄養素と有効成分があるわけですから、麹菌の占める割合が多く米の成分が少ないほどいいのです。

質の良い麹は、胃腸、心臓、肝臓、腎臓、免疫、ホルモン系など、身体全体の働きを高めます。そして、栄養補給にもなります。

一方では、醤油麹を使う方々が増えてきました。これは醤油と麹を良質なものを使えば、塩麹を超えます。醤油は、栄養素と有効成分が多量に含まれています。全身の機能を高め、老化や痴呆の予防にも大きな効果があります。

2012年09月10日 14:20:52  更新

PageTop