生命研 健康ニュース

News

ミネラルウォーターは要注意

水は、人が生きていくためにはなくてはならない最も重要な栄養素です。

あらゆる栄養素は、水がなければその機能を果たすことができません。水なしでは、栄養素が体内に侵入することも、移動することも、反応することもできません。

人は、食物がなくても水さえあれば、驚くほど長く生きられるものです。食物が大量にあっても、水がなければ数日で死んでしまいます。体内の生命活動は、すべて水を介して行われています。

体内の水分が2%減少すると、のどが渇き、尿量が減少します。6%減少すると、激しい渇き、舌の乾燥、動悸がおこります。10%減少すると、著しい循環障害、意識障害、けいれん、が起こります。15~20%減少すると、死にいたります。

視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚などの感覚器官、分解、吸収、合成、同化、循環、燃焼などの代謝にいたるまで、体内の物理的・化学的なあらゆる生命活動は、水を介して行われています。水は、生命の源です。水の質、水の摂り方によって、健康は大きく左右されます。

とくに真夏の暑い時は、水の補給が大切です。その時、飲む水の質によって効果には大きな差が出ます。熱中症の予防には、良質な水を選ぶことが重要です。その水には、塩分を加えることが必要です。発汗によって失われるのは、水とともに塩分が失われます。れます。体内の塩分が不足すると、人は生きていくことができません。熱中症にかかったときや予防には、良質な水と良質な塩が必須です。

水と塩は重要なものですから、別のところで詳しく解説します。

2012年09月10日 14:45:40  更新

PageTop