生命研 健康ニュース

News

うつ病うつ病の薬はうつ病を治せない

うつ病の末路は、死です。昨今、自殺者が激増しています。年間35000人が自ら命を絶っています。自殺未遂は、15万人にのぼります。異常事態です。

うつ病の原因は、ストレスの蓄積だといわれていますが、そんな単純なものではありません。『うつ』の原因は、幅広い多くの原因がからんでいます。すべて問題は、原因があります。その原因を知って、根源から変えていかなければ根本解決にはなりません。うつ病も、本当の原因を知って、その元から改善をはかることが必要です。

人の心は、脳と密接な相関があります。脳は身体の一部ですから、全身の健康とも関わりが深いものです。したがって、肉体的要因も視野に入れなければなりません。また、食物の性質が心・神経系と密接な関係があります。環境中に飛んでいる膨大な量の電磁波も、心・神経系には、大きく影響を与えます。

その上で、心そのものに注目することです。

心は複雑な多重構造です。理性の面で、考え方とらえ方など価値観や認識スタイルなどと、下意識(無意識)の中にある膨大な情報、感情の働きなど心全体を認識して、根元的な改善が必要です。

うつ病は、薬で治るものではありません。

2012年08月25日 00:47:24  更新

PageTop